ピアノコンクール紹介

ピアノコンクール紹介

ピアノコンクールで入賞を目指す!

発想の転換

ピアノの個性はあります。個性と言えば聞こえはいいですが、つまりランクがあるということです。 プロはピアノの個性に合わせて引き方をかえることができます。チューンナップされたピアノであれば最大限の力を引き出すことができるので…

2017/01/19 12:22:21

続きを読む

発表会

ピアノのコンクールとまではいかなくても、発表会には出たことがあるのではないでしょうか。ピアノを習っていると年に一回程度発表会があり、1曲か2曲程度はみんなの前で演奏するものです。綺麗なドレスを着て、靴を履いてみんなの前で…

2017/01/13 05:33:02

続きを読む

舘野 泉

ピアニストの舘野 泉氏は、全日本学生音楽コンクールで1948年、小学校6年の時の時にピアノ部門で入賞した実績があります。コンクールは1947年に第1回が開催され、舘野氏は第2回のコンクールでの入賞者となります。舘野氏は1…

2016/12/13 05:37:17

続きを読む

中国ユース音楽コンクール

中国五県に在住または在学の中学生・高校生を対象にしたコンクール「中国ユース音楽コンクール」があります。このコンクールはピアノ部門、金管楽器の部、木管楽器の部があります。ピアノ部門では小学1年生から高校生が対象となります。…

2016/11/30 05:12:26

続きを読む

ごまかしが効かない

グレンツェンピアノコンクールでは受講者の3分の2くらいの子が賞を取る事ができるコンクールです。なので優秀賞以上が普通の予選通過と同じくらいのレベルとなっているわけです。グレンツェンピアノコンクールでは100人くらいの子が…

2016/11/10 04:52:40

続きを読む

縁がある人

私は小さいころピアノを習っていましたがピアノコンクールという言葉を聞いたことがありません。コンクールを知らない家庭だったのでコンクールには全く縁がありませんでした。コンクールを目指してやっていたら何かが変わっていたのでし…

2016/11/01 04:38:28

続きを読む

コンクール参加の価値

ピアノを習っている子供達の中でピアノコンクールに出たいと意欲を持って練習してる子は何人くらいいるのでしょうか。私もピアノを習っていた子供の一人でしたがピアノコンクールという名前すら知りませんでした。親としてコンクールに参…

2016/10/19 05:04:57

続きを読む

はじめてのピアノコンクール

ピアノコンクールというと敷居が高く、選ばれた人しか出れないというイメージがあります。また出る事が出来たとしても練習をするのが大変そう、お金がかかりそうとマイナスなイメージばかりです。ピアニストになる気もないし出る必要がな…

2016/09/16 05:54:11

続きを読む

身近にヨーロッパスタイル

ピアノコンクールにはレベルがあり、レベルの高いコンクールを目指す人にとってレベルの低いコンクールでいい成績を残しておく事は励みになり目標に近づくための第一歩になる事もあります。身近にヨーロッパスタイルでピアノコンクールを…

2016/09/02 05:37:59

続きを読む

ピアノのセンス

ピアノに興味があっても楽譜が読める事、弾ける事というのはやればできるという物でもありません。ピアノを習っていれば出来て当たり前と思っている人、そんな人達ばかりではありませんよ。ピアノ演奏をするのにもある程度センスがなくて…

2016/08/19 05:43:05

続きを読む