ピアノコンクール紹介

一流ピアニストへの登竜門

ピアノコンクールで入賞を目指す!

一流ピアニストへの登竜門

ピアノを習っている子供にとって、ピアノコンクールというものは大変重要です。特に、ピアノコンクールにおける成績というものは、その後のピアノ人生を左右するといっても過言ではありません。コンクールで優秀な成績を修めた者には、一流音楽大学への推薦や、海外の一流音楽大学への留学の道も開かれます。言ってみれば、ピアノコンクールで優秀な成績を修めるということは、一流ピアニストへの登竜門なのです。将来、プロのピアニストを目指すにしても、町でピアノ教室を開くにしても、過去にコンクールで受賞経験があるのとないのとでは、信頼度と評価が全然違います。やはり、箔がつきますから、『一流の先生に教わりたい』と思うのは当然ですよね。教え方、教育というのは重要ですから、やはり幼少期から良い先生のもとで学ぶことが重要です。相性もありますから、自分に合った先生を見つけることも肝要ですね。ピアノコンクールと言ってもその種類やレベルはさまざまで、誰でも気軽に受けられるものから、ある程度のレベルをクリアした者しか受けることができないものもあります。有名なコンクールですと、グレンツェンピアノコンクール、ヨーロッパ国際ピアノコンクール、ヤマハピアノフェスティバル、ムーシケピアノコンクール、ピティナピアノコンペティション、ショパン国際ピアノコンクールなどがあります。グレンツェンピアノコンクールは、最近大会の拡大をしていてひとつの大会につき八割ほどは通るので、レベルとしてはそれほど高くはないです。ヨーロッパ国際ピアノコンクール、ヤマハピアノフェスティバル、ムーシケピアノコンクール、あたりなども、本当にハイレベルな人しか出られないというわけではありませんが、グレンツェンピアノコンクールよりは比較的難しいかなという感じです。ピティナピアノコンペティション(PTNA2015)は、簡単な課題曲をどれだけの完成度で、どれだけ個性豊かに弾くことができるかが評価されます。審査員を務めている先生に習った方が有利かもしれません。

2015/09/04 10:05:11