ピアノコンクール紹介

コンクールをうけることによる影響

ピアノコンクールで入賞を目指す!

コンクールをうけることによる影響

日本国内には、数多くのピアノコンクールがあります。PTNA2015(ピティナピアノコンペティション2015など。)ピアノを習っている子供達にとって、コンクール出場は非常に良い経験になります。度胸もつきますし、他の出場者の演奏を聴くことによって良い刺激を受け、自身の成長にもつながります。今は昔と比べて本当に多くのピアノ教室があります。我が家の近所だけでも5つ、教室がありました。ピアノ教室は、個人の自宅で開いていることも多いので、気軽に通えるのも魅力です。そんなピアノ教室の中でも有名なのが、『ヤマハピアノ教室』でしょうか。音楽に詳しくない、または興味のない方でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ピアノを習うなら、ヤマハ、というイメージがありますね。ヤマハでは、レベルに応じた課題曲を与え、レベル別に緻密で丁寧な指導をしているので、自分にペースでゆっくり学ぶ事ができます。そんなヤマハが開催するピアノコンクールが『ヤマハピアノフェスティバル』です。各地方ごとに開催しています。愛知県の名古屋市では、名古屋本選会が開かれます。ヤマハピアノフェスティバルは、ピアノを習っている子供達が、同年代の子供達の演奏を聴く事によって演奏力の向上と、日頃のピアノレッスンに対する励みにつながる事を目的・趣旨としているピアノコンクールです。幼児部門は、 A部門 が小学校1・2年生、B部門が小学校3・4年生、C部門が小学校5・6年生、D部門が中学生というふうに分かれており、それぞれ、最優秀賞、優秀賞、奨励賞が与えられます。参加料は、各店別大会は税込8,200円、チャレンジ部門は税込5,140円です。チャレンジ部門とは、次の年度以降に店別大会出場を目指す部門で、ヤマハピアノフェスティバル参加未経験者が対象です(対象年齢は未就学児から小学校4年生です)。講評はありますが、本選会出場権はありません。

2015/09/04 10:06:53