ピアノコンクール紹介

それでも緊張します。

ピアノコンクールで入賞を目指す!

それでも緊張します。

適度な緊張が非常に大切です。
緊張感がなくってしまえば、それは潮時かもしれません。
練習に練習を重ねて限界を目差そうとするから、緊張をするのです。
自分の良いパフォーマンスを出すために何ができるのか、何をしなければならないのかも一生けんかんがえる必要があります。
ピアノのコンクールでは譜面どうりは当然ですが、自分の感情を込めるところと押さる場所があります。
強弱をつけて演奏して、透明感のある強い音を出して演奏することが大切です。

2017/01/27 02:40:03